VIX指数

【初心者向け】VIX投資の始め方ガイド | まずはこれだけ読めば始め方がわかる

この記事ではVIX投資に関する情報をまとめています。

順番に読み進めていけば、つまづくことなくVIX投資を始められます。

 

chiroが運用するのは時間とともに利益が出る銘柄がメインです。

つまり、早く始めればそれだけ大きな利益を生むということです。

銀行に眠っているしばらく使わないお金が1万円でもあるなら、今すぐVIX投資を始めるべきです。

ほったらかしでどんどん利益が出るなんてそんなうまい話があるのか?と思ったそこのあなた。

仕組みを知ればVIX銘柄の魅力が分かること間違いありません。

 

\5分で簡単に無料で口座開設できます/ GMOクリック証券の
詳細はこちら
取引手数料業界最安値!

 

VIX指数とは投資家の心理を表す指標

VIX指数とは「Volatility Index」の略で、投資家の心理を表す指標だといわれています。

Volatility(ボラティリティ)とは値動きの激しさを示す言葉で、高いほど激しく、低いほど穏やかな値動きであることを示します。

 

VIX指数の値動きの特徴としては、市場にリスクオフムードが広がると上がり、リスクオンムードが広がると下がる傾向があります。

つまり、投資家の悲観で上昇し、楽観で下落する指数といえることから「恐怖指数」とも呼ばれます。

 

そんなVIX指数に連動する銘柄はたくさんありますが、その中でもchiroが運用する将来有望な3つの銘柄をご紹介します。

 

VIX投資のおすすめ銘柄

忙しいあなたのためにまとめて紹介します

3つも記事を読む時間がないという忙しいあなたに、おすすめの3銘柄の特徴がわかる記事がこちらです。

【人気のVIX指数関連おすすめ3銘柄】投資初心者にもわかりやすく運用方法をあわせて紹介!この記事ではVIX投資で人気の「米国VIベアETF」「米国VIブルETF」「米国VI」という3銘柄をご紹介しています。10年間保有するだけで20倍になる銘柄など、VIX投資は魅力いっぱいです。ぜひご覧ください。...

 

一攫千金が狙える「米国VIベアETF」

当ブログでも1番人気の「米国VIベアETF」です。

こちらは1万円からはじめられて10年間ほったらかすだけで20倍になる夢のような商品です。

10万円なら200万円になる計算ですね。

10万円って、銀行に寝かせておいたら利息はいくらになりますか?

銀行に預けておくのがバカらしくなってくるので、一見の価値はあります。

米国VIベアETFの運用方法については以下の記事で詳しく説明しています。是非ご覧ください。

想定年利回り35%の米国VIベアETF[SVXY]を長期運用!10万円が10年で200万円に!?この記事ではVIX指数に連動する「米国VIベアETF」について解説しています。米国VIベアETFへの投資は1万円からはじめられて、10年間ほったらかすだけで資産が20倍になる夢のような商品です。VIX投資は今が始めるチャンスなので、ぜひご覧ください。...

 

積み立てて安定の「米国VIブルETF」

次は、米国VIベアETFよりも安定感がある「米国VIブルETF」です。

こちらは月1万円を積み立てていくと、10年後に1,700万円になる可能性を秘めています。

自己資金は10年間で120万円なので、1600万円近い利益がでることになります。

米国VIブルETFの運用方法については以下の記事で詳しく説明しています。

想定利回り50%以上!安定性が売りの米国VIブルETF[UVXY]で積立長期運用!月1万円の積立で10年後は1700万円以上に!?この記事ではVIX指数に連動する「米国VIブルETF」について解説しています。米国VIブルETFは安定したパフォーマンスがウリで、月々1万円積立で10年後には1,700万円になる可能性を秘めています。VIX投資は今が始めるチャンスなので、ぜひご覧ください。...

 

スイングトレード向きの「米国VI」

相場の知識が無いうえ、VIX投資に限らずほったらかし運用しかできないほどズボラなchiroですが、唯一米国VIだけはスイングトレードをしています。

その理由は、米国VIの値動きがめちゃくちゃ読みやすいからです。

通常時はほぼ決まった値幅で推移し、年に数回だけ高騰するという、読みやすさを極めたチャートを形成してくれるありがたい銘柄です。

具体的には、通常時に買って高騰したときに売る、売ると同時に空売りして相場が落ち着いたら買い戻す。ただそれだけです。

それだけで想定利回りは14%にもなります。

詳しい運用方法は以下の記事で説明しています。

VIX指数に連動する米国VIでスイングトレード!ローリスクで想定利回り14%以上の運用方法を解説この記事ではVIX指数に連動する「米国VI」について解説しています。米国VIは長期的に非常に予想しやすい値動きをするのが特徴で、ローリスクで利回り22.5%の手法をご紹介しています。ぜひご覧ください。...

 

【5万円から可能】米国VIでお小遣い稼ぎ

上で米国VIのスイングトレードを紹介しましたが、推奨資金は15万円からです。

読者の方から「少ない資金で確定益が出る運用ってないの?」というご質問をいただき、5万円から運用できる米国VIのお小遣い稼ぎを追加しました。

安定収入とは言えませんが、少額かつローリスクで1回のトレードで最低でも15%程度の確定益を出せる運用です。

初心者の方にもおすすめの手法なので、ぜひお試し下さい。

【知らなきゃ損】価格差益狙いの米国VI空売りでローリスクのお小遣い稼ぎ  「まとまったお金はないけど、少額でもローリスクで簡単にお小遣い稼ぎができる投資ってないかな?もちろん含み益じゃなくて決済益にな...

 

\5分で簡単に無料で口座開設できます/ GMOクリック証券の
詳細はこちら
取引手数料業界最安値!

VIX投資の実績を公開

VIX投資の実績を月に一回更新しています。

長期運用が前提なので気にせずコツコツ更新していきます。

【運用実績】VIX関連銘柄の運用実績をブログで公開!CFDで資産運用  「米国VIベアETF、米国VIブルETF、米国VI・・・VIX投資が儲かりそうなのはわかった。で、週次報告とかでは利益±0円ば...

 

VIX投資を始めるなら知っておきたい知識

3つの調整額(価格、金利、権利)

chiroが運用するVIX銘柄は、CFDというFXと同じくくりの取引です。

そんなCFDでは調整額が発生することがあります。

この調整額は利益になることもあれば、コストになることもあります。

以下の記事で調整額を説明しているので、それぞれの性質をしっかり知ってVIX投資を有利に運用していきましょう。

【価格・金利・権利】3つの調整額を解説!CFDの取引コストを最小限に抑える方法も!CFD商品を取引する際、価格・金利・権利3つの調整額が発生することをご存じでしょうか? ではなぜこれら3つの調整額が発生するのか?...

 

取引できない!?新規規制とは何か?

chiroは圧倒的にコストが安いGMOクリック証券でVIX投資をしています。

はっきりいって他社と比べるまでもないほどのコスト差なので、VIX投資を始めるならとりあえずGMOクリック証券で始めましょう。

ただ、GMOクリック証券の唯一の弱点が「新規規制」で、その名の通り新規の売買できなくなる規制があります。

以下の記事で、新規規制とその対策について説明しています。

絶好の取引タイミングを逃さないようしっかりと対策をとっておきましょう。

新規規制はなぜ起こる?VIX指数銘柄への対応を検討!GMOクリック証券に問い合わせしてみた証券会社との取引において「新規規制」という取引制限をご存じでしょうか? つい先日(2018年10月5日)、GMOクリック証券で運用...

 

【Q&A】読者の質問にお答えします

VIX投資はいつ始めるのがいいの?

VIX投資、とくに米国VIベアETF、米国VIブルETFの2銘柄については、始めるなら早ければ早いほど有利です。

さらに利回りを加速させたいなら、VIX指数が高騰しているときに取引すべきです。

そうすれば低リスクで高利回りが期待できます。

VIX指数が高騰したときに取引するメリット、デメリットは以下の記事で説明しています。

【VIX投資の始め時】おすすめのタイミングはいつ?VIX指数が高騰したときに取引するとリスクが抑えられる理由  「VIX投資をはじめたいんだけど、いつ始めたらいいんだろう?できるだけ損はしたくないから、リスクが低い取引のタイミングが知りた...

 

なぜ米国VIベアETFは積み立てないの?

米国VIブルETFは積み立てるのに、米国VIベアETFを積み立てないのはなぜ?というご質問をいただきました。

ごもっともな意見です。

もちろん理由があって基本的に積み立てなしの条件で運用しています。

その理由は値動きの安定性の違いです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

なぜ米国VIベアETF[SVXY]は積み立て購入しないのか?運用方法についてのお問い合わせに回答します。なぜ米国VIベアETF[SVXY]は積み立て購入しないのか? というご質問を多数の方からいただきました。 こんにちは...

 

米国VIの空売りで価格調整額狙いの運用はしないの?

狙いの運用をしないのか?というご質問です。

価格調整額狙いの運用は、FXでいうところのスワップ運用に近いと思います。

日本人はインカムゲインが大好きですからね。

他ブログではかなり人気の運用のようです。

これをやらないのにはもちろん理由があって、単純に利回りが低いからです。

というか、FXのスワップ運用ではありえませんが、そこそこ高い確率で価格調整額がマイナスになるんです。

そのあたりは以下の記事で詳しく説明しています。

米国VI空売りの価格調整額狙いをおすすめしない理由は?過去の実績をもとにデメリットを解説!米国VIの運用といえば空売りで価格調整額を狙って長期運用されている方が多いと思いますが、chiroさんはなぜスイングトレードをおすすめさ...

 

手数料最安のGMOクリック証券がおすすめ

GMOクリック証券の口座開設方法

VIX投資を始めるならGMOクリック証券の口座がなければ始まりません。

というのも、手数料無料なのはGMOクリック証券だけだからです。

わざわざ手数料が高い証券会社で取引する意味がないので、まずはGMOクリック証券で始めましょう。

VIX指数への投資におすすめの証券会社はどこ?手数料最安のGMOクリック証券がおすすめ!別名「恐怖指数」とも呼ばれるVIX指数に連動する銘柄は、単純な投資対象としてだけでなくリスクヘッジ目的としてもとても人気がある金融商品で...

 

GMOクリック証券の使い方ガイド

口座開設が完了してから、取引までの手順を解説しました。

つまずきやすいポイントがあるので、取引前にぜひご覧ください。

【GMOクリック証券CFDの使い方】口座開設後の手順を解説!入金、振替、注文、ロスカットレートの変更方法まで  「GMOクリック証券CFDの口座開設が完了して、今から取引しようと思っているけど、まず何をしていいかわからない。クイック入金で...

 

サクソバンク証券の口座は必要?

VIX投資に慣れてきたらサクソバンク証券の口座も開設することをおすすめします。

VIX関連銘柄の種類が豊富です。

取り急ぎサクソバンク証券の口座が必要になるのは、新規規制がかかってGMOクリック証券で取引できないときでしょう。

多少の手数料を払ってでも取引すべきタイミングがあります。

その時のためにサクソバンク証券の口座はあらかじめ開設しておきましょう。

以下の記事でなぜサクソバンク証券の口座が必要なのかを説明しています。

【新規規制対策】サクソバンク証券の口座を持ってないと損する理由!VIX銘柄取引でのメリット・デメリットを解説GMOクリック証券でVIX関連銘柄やCFDを取引していたら、取引チャンスなのに「新規規制」という取引制限で売買できなかった・・・ ...

 

VIX投資に関するコラム的な読み物

VIX銘柄の人気度はいかに!?

GMOクリック証券では毎月銘柄ごとに売買代金をランキングで発表しています。

VIX銘柄はバラエティCFDという分野に分類されていて、種々様々な銘柄と比較されています。

市場が安定しているとき、不安定なときはVIX銘柄はどれほど人気なのでしょうか?

以下の記事でVIX銘柄の順位を紹介しています。

【売買代金ランキング】株式市場が不安定でもVIX指数銘柄が人気!(GMOクリック証券のバラエティCFD)株式市場が不安定なときはどんな銘柄を取引していますか? まさかすべての取引を手じまいして市場が落ち着くのを待っていませんか? ...

 

\5分で簡単に無料で口座開設できます/ GMOクリック証券の
詳細はこちら
取引手数料業界最安値!

VIX投資のサイトマップ

VIX投資の運用実績

1. 毎月更新!VIX投資の運用実績

VIX指数

VIX関連銘柄は為替とは違い、基本的に相場の方向が決まっていて高確率で勝てる投資ができます。最初に購入したら後はほったらかしで10年後に20倍になる可能性を秘めた通称「宝くじ銘柄」と呼ばれる銘柄の他、積立て型、スイングトレード型などの運用方法を紹介しています。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む