週次報告

【運用実績公開】8月第2週の運用実績は+85,431円でプラス収支

こんにちは。30代技術系エンジニアでサラリーマンブロガーのchiro(@chiro_y_y)です。

2018年8月第2週の運用実績は+85,431円でプラス収支でした。

今週は株価指数CFDが1年でもっとも配当が多い週であったり、月に一度のソーシャルレンディングの配当も重なり、また、リピート系FXでは豪ドル円の相場が大きく動いたので、大幅プラス収支となりました。

まさにボーナス週ですね。

 

それでは今週の内訳をみていきましょう。

2018年8月第2週の収支内訳

↓クリックすると運用それぞれの概要を解説した記事に飛びます↓

運用 今週の収支
株価指数CFD +25,452円
リピート系FX +29,677円
スワップ運用 +11,887円
トライオートETF +6,407円
ソーシャルレンディング +12,008円
合計 +85,431円

今週の株価指数CFD

岡三オンライン証券くりっく株365でFTSE100×7枚を保有しています。

8月は1年間で一番配当が多い月で、その中でも今週がもっとも配当が多い週です。

マイナス金利を差し引いてFTSE100を1枚につき3,636円の配当がありました。

 

今後も資金に余裕があるときに少しずつ買い増ししていきます。

今現在はFTSE100を7枚保有しており、1枚につき約15万円の資金を口座に入れて運用しています。

https://chirolog.com/cfd_matome/

↓無料口座開設 岡三オンライン証券 くりっく株365↓
岡三オンライン証券 くりっく株365

今週のリピート系FX

トライオートFXで豪ドル/円、NZドル/米ドル、豪ドル/NZドル(コアレンジャー)を運用しています。

また、トラリピで豪ドル/円、NZドル/米ドルを運用しています。

 

今週は、売りレンジでポジションを貯めていた豪ドル円が下落して利益を生んでくれました。

下げ幅が大きかったので決済トレールでトラリピが利益を大幅に伸ばしてくれました。

相場が大きく動いたときに利益が伸びるのでトラリピはやめられませんね。

 

また、NZが2020年後期まで政策金利の据え置きを発表したことに市場が反応し、NZドルが大きく下落しました。

chiroの設定では、NZドル/米ドルは現在買い相場を推移しているので含み損が膨らんでいますが、相場が上昇を期待したいと思います。

通貨ペア 運用システム 利益
豪ドル/円 トライオートFX +11,160円
トラリピ +16,132円
NZドル/米ドル トライオートFX ±0円
トラリピ ±0円
豪ドル/NZドル
(コアレンジャー)
トライオートFX +2,385円

設定などリピート系FXの戦略は以下の記事にまとめています。

https://chirolog.com/%e3%80%90%ef%bd%86%ef%bd%98%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%91%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%94%e3%80%81%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88/

↓chiroがメインで運用しています↓
↓無料口座開設 インヴァスト証券トライオートFX↓
トライオート

↓リピート系FXといえばトラリピ↓
↓無料口座開設 マネースクエア↓
トラリピ×決済トレール

今週のスワップ運用

南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円を毎月こつこつ積み立ていってます。

証券会社はスワップポイントが高い3社を使用しています。

 

スワップポイントに影響はありませんが、トルコリラ円と南アフリカランド円が下落して含み損がかなり膨らんでいます。

 

特に今週はトルコリラの暴落が世界的なニュースになりました。

ブランソン牧師の解放をめぐってトルコとアメリカとの関係が悪化し、トルコリラ円は易々と20円割れ、一時15.908円まで下落しました。

下落する前日に、トルコリラ円のロスカットレートを再検討することを記事にしました。

ロスカットレートを再検証!トルコリラはどこまで下落するのか?こんにちは。30代技術系エンジニアでサラリーマンブロガーのchiro(@chiro_y_y)です。 ここ最近、トルコをめぐる情勢が...

上の記事で紹介していますが、資金を追加してロスカットレートを16.4円から14.8円に再設定しました。

今週15.9円まで下落したので、再設定していなければロスカットされていましたね。

ゆくゆくはトルコリラ円が20円割れすることは予想されていました。

資金を追加してロスカットレートを0円に設定してしまえば相場の変動に影響を受けずにスワップ運用を継続できますが、20円を割った日にたった1日で15円台が見えてくるとなると本格的にトルコリラ円からの進退を考えるべきかもしれません。

こうなってしまてっては資金効率が悪い上に、ほったらかし運用はできませんからね。

しばらくはトルコの動向に注目しつつ進退を考えたいと思います。

 

また、今週は南アフリカランド円も下落しています。

保有する通貨量が多いだけにトルコリラ円よりも痛いですね。

ただし、こちらは他国の影響を受けた下落だと予想しているので、一時的な下落だろうと楽観しています。

ロスカットにだけ注意して引き続きスワップポイントを受け取っていきます。

通貨ペア 運用会社 保有通貨量 利益
南アランド/円 FXプライムbyGMO 31.6万通貨 +4,438円
トレイダーズ証券 31.0万通貨 +4,340円
ヒロセ通商 21.6万通貨 +2,269円
メキシコペソ/円 トレイダーズ証券 2.0万通貨 +210円
トルコリラ/円 トレイダーズ証券 0.9万通貨 +630円

 

≪7月1日~7月31までの3社のスワップポイント実績≫

証券会社 南アフリカランド メキシコペソ トルコリラ
トレイダーズ証券 562円 414円 3,091円
FXプライムbyGMO 690円 396円 2,400円
ヒロセ通商 450円 323円 2,801円

※1万通貨を保有したときに得られるスワップポイント

https://chirolog.com/%e3%80%90%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%97%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%91%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ae%89/

↓chiroがメインで使ってます↓
↓無料口座開設 トレイダーズ証券↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]
↓南アフリカランド円を運用中↓
↓無料口座開設 FXプライムbyGMO↓
FXプライムbyGMO
↓スワップ運用の老舗↓
無料口座開設 ヒロセ通商↓FX取引ならヒロセ通商へ

今週のトライオートETF

ナスダック100_トリプルをスリーカードで運用中です。

 

一時的に下落していたナスダック100_トリプルですが、今週はほぼ元の水準まで回復しました。

さすがナスダック100_トリプル。下落も回復も早いですね。

 

以前は5ドルで損切り戦略を推奨していましたが、今は損切なしの戦略で運用しています。

ナスダック100_トリプルは下落してもすぐに値が回復しやすい傾向にありますので、このまま損切なしの戦略でいきたいと思います。

↓無料口座開設 インヴァスト証券トライオートETF↓
トライオートETF

今週のソーシャルレンディング

今週は8月分約12,000円の配当がありました。

最初に出資だけしてしまうとあとはやることがないので、ほったらかし運用には一番向いている運用かもしれません。

相場を気にするひつようもありませんしね。

 

また、1度も配当を受け取ることなく100万円が凍結されてしまったグリーンインフラレンディングの件についても情報更新はありませんでした。

早く解決しないかなー?

↓無料口座開設 LENDEX↓
LENDEX

最後に

運用それぞれの詳細については別の記事で随時アップしていきます。

詳細ページではchiroがどんな考えで資産を運用しているのか?などを記載していますので、是非ご覧ください。

 

基本的にchiroの運用スタイルは最近流行りの「ほったらかし運用」です。

日頃メインの仕事があって、常に資産運用のことを考えていられない僕たちサラリーマンには最適な運用スタイルだと思います。

資産を守りつつ、増やしていけるようリスク管理はしっかりやっていきます。

30代セミリタイヤを目指して最適なスタイルを模索していきます。

ではまた。chiroでした。

VIX指数

VIX関連銘柄は為替とは違い、基本的に相場の方向が決まっていて高確率で勝てる投資ができます。最初に購入したら後はほったらかしで10年後に20倍になる可能性を秘めた通称「宝くじ銘柄」と呼ばれる銘柄の他、積立て型、スイングトレード型などの運用方法を紹介しています。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む