スワップ運用

【スワップ運用】トルコリラ円から撤退する3つの理由(トルコショック)

こんにちは。30代技術系エンジニアでサラリーマンブロガーのchiro(@chiro_y_y)です。

ここ数日トルコを中心として世界情勢が大荒れでした。

 

そんな中、先日投稿したトルコリラに関する記事で、

「トルコリラ円から撤退するにはまだ早いと思っています。」

と書きました。

ですが、結論からいうと昨日トルコリラ円から撤退しました。

 

この記事では、先日の記事から舌の根も乾かないうちに方針転換することにした理由をつづっています。

↓こちらがまだトルコリラ円からの撤退を考える前の記事です↓

ロスカットレートを再検証!トルコリラはどこまで下落するのか?こんにちは。30代技術系エンジニアでサラリーマンブロガーのchiro(@chiro_y_y)です。 ここ最近、トルコをめぐる情勢が...

ロスカットされたとか資金不足などが理由ではなく、「トルコを取り巻く状況の変化」と「chiroの運用スタイル」が原因です。

 

額は大きくはありませんが、利益を積み重ねていくスワップ運用で損失を出してしまったことを受け、今後資産運用をしていく上での自戒を込めた記事になります。

この記事には、「トルコリラ円のスワップ運用で儲けるためにはどうしたらいいか?」や、「トルコリラはいつ買えば儲かるか?」などの答えは書かれていませんので、これらの解を求めてこの記事にたどり着かれた方はここで引き返してください。

今後もトルコリラ円でスワップ運用を続けていく方や、割安な今から運用を開始しようとしている方に、スワップポイントという良い面ばかりではなく、リスクにもしっかり目を向けてもらいたいと思って執筆しています。

「こんな考え方もある」というように軽く読み流していただければ幸いです。

↓高スワップポイントで人気↓
↓無料でトレイダーズ証券口座を開設する↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]

想像以上の破壊力トルコショック

2018年8月、トルコとアメリカとの関係悪化が引き金となった今回のトルコショックは想像以上の破壊力でした。

20円を割ることは予想していましたが、20円を割った直後に15円台にまで差し掛かるほどの暴落はまったく予想していませんでした。

世界がアメリカ様の力を見せつけられた形だったと思います。

また、トルコリラだけでなく新興国通貨が軒並み下落する事態となってしまいました。

事態は収拾に向かっているようですが、トルコリラ円はもともとキレイな下落トレンドだったため、今回の一件が解決したらからといって上昇トレンドに転じるかどうかはわかりません。

そんな状態だったので、トルコリラの運用を終了することにしました。

62,950円の損失です。

今回のトルコショックに巻き込まれた人の中では損失は少ないと思います。

トルコリラ円から撤退する3つの理由

トルコリラ円はほったらかし運用に向かない

先日から世界を騒がせている「トルコショック」で、トルコリラ円が20円を割ったと思った直後に15円台まで落ち込む暴落ぶりでを見せました。

このトルコショックによって、多くのスワップ狙いの投資家たちが散っていったようです。

 

ご多分に漏れずchiroもトルコショックに巻き込まれ、暴落前後は相場が気になって仕方がありませんでした。

口座に資金を追加していたのでロスカットの心配はあまりなかったのですが、どこまで下落するかわからない上に、今後大きく値が回復する見通しも立たない状況で不安な数日を過ごしました。

先が見通せない不安ってすごいストレスを感じますね。

 

chiroの運用スタイルはほったらかし運用で、日々値動きに振り回されて他の仕事が手につかない状況はchiroが理想とする運用スタイルとはかけ離れています。

いくら利益が出るといっても、ストレスなく安全に運用したいchiroとしては運用へのモチベーションが続きませんでした。

「自分の運用スタイルに合わない」ことがトルコリラ円から撤退するもっとも大きな理由です。

そもそもスワップポイントでは利益が出ていない

トルコショックの暴落を差し引いても、下落の含み損を考慮するとスワップポイントだけでは利益が出ていませんでした。

これまで多くの投資家たちが大損してきたのも納得の結果です。

この先もずっとトルコリラを保有し続けた場合はわかりませんが、少なくともこれまでにトルコリラ円でトータルがプラス収支になっている投資家をみたことがありません。

ほとんどの投資家が、日々スワップポイントは得られているけど多額の含み損は抱えている状態でした。

単純に、スワップポイントが貯まる早さよりも、下落による含み損が膨らむ早さの方が早いからです。

なので、トルコリラ円で利益を出すことは難しいと判断しました。

スワップポイントの引き下げ

スワップポイントの高さだけが魅力のトルコリラですが、メインで運用しているトレイダーズ証券のスワップポイントが8月から下がっています。

もともと1万通貨あたり106~110円だったのが100円に引き下げられています。

わずかな引き下げではありますが、トルコの政策金利が変更されていないにも関わらずスワップポイントを引き下げられていることから、今後も徐々に引き下げられるのではなか?という疑問が残ります。

トルコリラ唯一の魅力が小さくなる可能性があるなら、暴落のリスクがある通貨ですので無理して運用するに値しないと判断しました。

最後に

「日々の値動きが気になってストレスを感じてしまう通貨ペアは、chiroの運用スタイルに合わないと」いうのがトルコリラ円から撤退する一番の理由です。

また、こつこつ利益を積み上げるスワップ運用はchiroが理想とする運用スタイルではありますが、今回のトルコショックを受けてトルコリラ円に関してはリスクの方が大きいと判断しました。

ストレスなく安全に資産を増やしていけるよう、最適な運用スタイルを模索していきたいと思っています。

 

今後も南アフリカランドとメキシコペソでのスワップ運用は継続していきます。

スワップ運用の考え方については以下の記事を参考にしてみてください。

https://chirolog.com/%e3%80%90%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%97%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%91%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ae%89/

↓高スワップポイントで人気↓
↓無料でトレイダーズ証券口座を開設する↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]

最後に、今後もトルコリラ円を運用される方はくれぐれもお気をつけください。

ではまた、chiroでした。

ブログの更新等をツイートします。
↓よろしければフォローをお願いします。↓
twitterでchiroをフォローしてやる

スワップ運用

持っているだけで毎日コツコツ金利を受け取れるスワップ運用はまさに不労所得!運用する通貨ペアの選択とリスク管理をしっかりとしておけば、長期的な不労所得が得られること間違いなしです。

詳しい運用方法については以下の記事をお読みください。

記事を読む