月次報告

【月次報告】6月の運用実績は-3,672円でマイナス収支

こんにちは。30代技術系エンジニアのchiro(@chiro_y_y)です。

2018年6月の運用実績は-3,672円でした。

6月半ばまでは+10万円を超えてたんですが、後半の失速でわずかにマイナス収支となりました。

それでは内訳を見てみましょう。

2018年6月の収支内訳

運用 今週の収支
株価指数CFD +8,470円
FX自動トレード +33,816円
FXスワップ +25,904円
ETF -71,862円
ソーシャルレンディング ±0円
合計 -3,672円

6月はトライオートETFでマイナス収支と、その他の運用のプラス収支とでややマイナス収支となりました。

トライオートETFは一時撤退を決めました。

株価指数CFDではFTSE100という銘柄を運用していますが、2017年実績で6月は配当が少ない月なのでリターン少なめでした。

引き続き7月も配当は少ない月ですが、8月が年間最も配当が多い月なのでそれまでに保有枚数を増やしておきたいと思っています。

FX自動売買、FXスワップは6月中に設定を調整したり資金の調整をしているので、厳密には1か月の収支ではありません。

ほぼ仕込みが完了したので7月以降のパフォーマンスに期待したいと思います。

最後に

初月次報告の6月はマイナス収支となってしまし残念でしたが、今後はプラス収支で終われるよう仕込みをしたので次月以降に期待したいと思います。

運用それぞれの詳細については別の記事で随時アップしていきます。

詳細ページではchiroがどんな考えで資産を運用しているのか?などを記載しています。

興味がありましたらそちらも覗いてみてください。

 

基本的に僕の運用スタイルは最近流行りの「ほったらかし運用」です。

日頃メインの仕事があって常に資産運用のことを考えていられない僕たちサラリーマンには最適な運用スタイルだと思っています。

資産を守りつつ、増やしていけるようリスク管理はしっかりやってます。

30代セミリタイヤを目指して最適なスタイルを模索していきます。

ではまた。

chiroでした。

VIX指数

VIX関連銘柄は為替とは違い、基本的に相場の方向が決まっていて高確率で勝てる投資ができます。最初に購入したら後はほったらかしで10年後に20倍になる可能性を秘めた通称「宝くじ銘柄」と呼ばれる銘柄の他、積立て型、スイングトレード型などの運用方法を紹介しています。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む