株価指数CFD

【イギリス100】月3万円を10年積立すると元手が2倍に!?シミュレーション結果あり

 「GMOクリック証券CFDのイギリス100が最近よく話題になってるね。そもそもイギリス100ってどんな商品なんだろう?それと、どんな運用をすれば儲かるのかな?できれば少額で始められたらうれしいな。誰か教えてー!

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

こんにちは、1,200万円以上の資産を運用している、30代技術系エンジニアのchiro(@chiro_y_y)です。

 

GMOクリック証券CFDのイギリス100で利益を出すには、長期保有して価格調整額を受け取る運用が適しています。

この記事ではおすすめの積立運用の説明とともに、シミュレーションの結果もご紹介します。

結論から言うと、毎月3万円の積立で10年後に元手が2倍になるという何とも夢のあるシミュレーション結果が出ました。

 

この記事でわかること
  • イギリス100の特徴
  • イギリス100のおすすめ運用方法
  • イギリス100の取引方法
  • 月々3万円積立シミュレーション結果

 

「イギリス100」はGMOクリック証券CFD口座で運用できます。

\5分で簡単に無料で口座開設できます/ GMOクリック証券CFD
の詳細はこちら
取引手数料無料!

イギリス100はイギリスの株価指数FTSE100と同じ

イギリス100はイギリスの株価指数FTSE100とほぼ同じ。

GMOクリック証券CFDが独自の名前と取引方法で提供している商品です。

それぞれのチャートを見比べてもらえればすぐにわかってもらえると思います。

 上が「FTSE100」、下が「イギリス100」です。

取引方法に違いはありますが、値動きは同じであることがわかると思います。

イギリス100はFTSE100を原資として計算されるCFDなので、値動きが同じになるのは当然ですね。

イギリス100の特徴

ではイギリス100の特徴を紹介していきます。

イギリス100の取引条件

原資 FTSE100先物
通貨 GBP(ポンド)
レバレッジ 10倍
取引単位 0.1倍
取引時間 月曜~金曜の17時~翌5時
(欧州夏時間16時~翌5時)

 

イギリス100はFTSE100を原資としてポンド建て取引ができる商品です。

ポンド建てというところに注意が必要ですね。

くりっく株365のFTSE100は円建てなので為替の影響を受けませんが、イギリス100はポンド建てなので為替の影響を受けます。

これはメリットにもデメリットにもなるので何とも言えませんが、為替の影響を受けるということは忘れないようにしましょう。

 

他には、取引単位は0.1倍で、レバレッジは10倍まで有効です。

おかげで少額から投資できるので大きなメリットですね。

 

また、取引時間は月~金曜の17:00~翌6:00(欧州夏時間は16:00~翌5:00)となっています。

日中仕事があっても夜なら取引しやすいのがいいですね。

イギリス100に発生する調整額

CFDには価格調整額、金利調整額、権利調整額の3種類の調整額が発生します。

これらは買いポジションが受け取りならば、売りポジションは支払いです。

イギリス100には価格調整額だけが発生して、買いポジションで受け取りなので配当金を受け取るイメージに近いですね。

価格調整額は3か月に1回の頻度で発生します。

他の調整額は発生しないので保有コストは0円なのが嬉しいですね!

安心して長期保有できます。

 

ただし、価格調整額は配当金とは違ってマイナスになることがあるので注意が必要です。

公式HPでは以下のように説明されています。

・価格調整額
原資産となっている先物の限月交代によって発生する調整額です。
当社が定める日(以下、価格調整日)の取引終了時点で建玉を保有していた場合に発生します。
価格調整日には、レートを提示するために参照している先物銘柄の交代(期近から期先へ)をします。
期近と期先は価格が同一ではないため、交代により発生する評価損益を調整するために受け払いを行います。
期近<期先 の場合、買建玉は支払いとなり、売建玉は受け取ります。
期近>期先 の場合、買建玉は受け取りとなり、売建玉は支払います。
※価格調整額は、期近と期先の価格差に基づいて算出されます。

※GMOクリック証券公式HPより引用

少し難しい説明ですが、価格調整額はマイナスになることもあるということを覚えておいてください。

いずれにしても、長期的に保有してトータルでプラスになればいいのです。

では、イギリス100がどれぐらいの利回りで運用できるのかシミュレーションしていきましょう。

 

イギリス100 1枚の利回りはレバレッジ1倍で3.7%

イギリス100を1年間保有したときの利回りを計算してみましょう。

必要証拠金 約10,000円
0.1枚の価格 約10万円(※)
価格調整額 3,711円/年
保有コスト なし
利回り 3.7%

※レート7250ポンド、1ポンド136円で計算

レバレッジ1倍で保有しても年間の利回りが3.7%にもなります。

 

イギリス100は最大10倍までレバレッジをかけられるので、たとえばレバレッジ2倍であれば利回りも単純に2倍で7.4%になります。

やみくもにレバレッジをかけるとロスカットの危険性があるので、できるだけ低いレバレッジで運用することをおすすめします。

 

じゃあいくらの資金で買えばいいんだ?

という質問にお答えして、資金効率を上げつつロスカットされにくい推奨資金を計算してみましょう。

イギリス100の購入方法

では、いくらの資金で、どうやって買えばいいかを説明していきます。

イギリス100 0.1枚の推奨購入資金

まず、イギリス100 0.1枚の必要証拠金は約10,000円です。

直近5年でみてみると、一時的ではありますが2016年に約20%の下落が発生しています。

イギリス100の価格を約7,260ポンドとして計算すると20%は1,452ポンドの下落に相当します。

これと同等の暴落に耐えられるだけの資金で0.1枚を買うと当面はロスカットの心配は少ないと考えられます。

【イギリス100 1枚(0.1単位)を購入する推奨資金】

10,000円 + 1,452ポンド × 136円/ポンド × 0.1 = 29,747円

イギリス100 0.1枚は30,000円で購入することを推奨します。

推奨資金で運用した場合の年利回りは約12.4%です。
(2018年価格調整額実績3,711円で計算)

イギリス100の取引方法

ではイギリス100の取引方法を説明していきます。

もっとも簡単な成行注文の方法です。

左上の「三」を押すとメニューが開きます。

上の図にしたがって「銘柄検索」→「欧州」→「イギリス100」→「トレード」をタップ。

右側の赤い「ASK」をタップすると、成行注文画面が開きます。

取引数量を確認して「確認」をタップ。

最後に注文確認が出るので、内容に間違いなければ「注文」をタップすれば完了です。

トレード画面で別のタブを開くと指値注文なども可能です。

イギリス100の積立シミュレーション

イギリス100を以下の条件で積立シミュレーションしました。

シミュレーション条件

【シミュレーション条件】

・月々積立額:3万円

・0.1枚保有するのに必要な資金:3万円

・価格調整額:3,711円/0.1枚

(→928円/3か月 として計算)

・運用方針①:毎月0.1枚買い増す

・運用方針②:価格調整額が3万円貯まったら決済して0.1枚追加して買い戻す

上で計算した通り、イギリス100 0.1枚を3万円で購入することにしました。

つまり、毎月3万円を入金して0.1枚購入し、価格調整額が3万円貯まったら追加で0.1枚購入します。

決済→買い戻しを繰り返すことで複利が効くので、保有枚数が多くなってくるとどんどん価格調整額が増えていく仕組みです。

 

では早速シミュレーション結果を見てみましょう。

積立シミュレーション結果 | 10年で元手が2倍!?

年数
(年)
積立金
(万円)
累計価格調整額
(万円)
1 36 3
2 72 10
3 108 24
4 144 43
5 180 70
6 216 105
7 252 150
8 288 205
9 324 271
10 360 351

毎月3万円を積み立てていくので10年間で積立額は360万円です。

それに対して、10年間で積立額とほぼ351万円もの価格調整額を受け取れる。という結果になりました。

イギリス100をコツコツ積み立てていけば10年後には元手が2倍になります。

夢が膨らみますね。

念のためご注意いただきたいのですが、このシミュレーションでは価格変動と為替の影響を考慮していません。

この結果を保証するものではありませんので、ご了承ください。

あくまでもひとつの可能性としてお考え下さい。

イギリス100を運用できるのはGMOクリック証券CFDだけ

イギリス100はGMOクリック証券CFDの独自商品なので、GMOクリック証券CFDでしか取引できません。

CFDの他銘柄を取引する際も取引手数料業界最安値水準なのでおすすめの業者です。

 

 口座開設,維持費,取引手数料すべて無料 GMOクリック証券CFDの
詳細はこちら
5分で簡単口座開設!

 

chiroはGMOクリック証券CFDで「VIX指数」も運用しています。

最後に

イギリス100の特徴とおすすめ運用方法、そして積立シミュレーションをご紹介しました。

積立シミュレーションでは、毎月3万円ずつコツコツ積み立てていくと10年後に元手が2倍になるという夢のある結果になりました。

イギリス100は少額で始められて、利回りも期待できる魅力的な商品です。

銀行にお金を預けていても金利がほとんどつかない現在、お金を遊ばせておくだけでは増えてくれません。

それでもまだ銀行にお金を預けっぱなしにしておきますか?

 

ぜひchiroと一緒に積立運用を始めましょう!

運用実績についてはこのブログで報告していきますので、ご期待ください。

 

ではまた。chiroでした。

 

 

くりっく株365のFTSE100を運用している方は以下の記事も参考にしてください。

今後、FTSE100は長期保有できなくなるので、引越し先としてイギリス100をおすすめしています。

chiroもイギリス100に引越を計画しています。

くりっく株365が上場廃止 | FTSE100長期保有への影響は?現在取引できるくりっく株365の4銘柄が2021年3月に廃止されると発表されました。配当狙いで運用している方にどんな影響があるのか?簡単に解説します。...
GMOクリック証券で「イギリス100」長期保有 | くりっく株365「FTSE100」の代わりに配当狙い運用はできるのか?GMOクリック証券CFD「イギリス100」が気になる、もしくは、くりっく株365「FTSE100」の代わりの運用先を探しているあなたに。 この記事では、GMOクリック証券CFD「イギリス100」を配当狙いで長期保有するメリットをご紹介します。これを読めばきっと配当生活が身近に感じられるはず。 ぜひご覧ください。...
【イギリス100】始め方、購入手順を画像で解説 | 運用中の出金方法もこれからイギリス100を運用しようとお考えのあなたに。イギリス100運用の始め方を解説しました。運用途中での出金方法も紹介しているので、ぜひご覧ください。...

 

株価指数CFDのサイトマップ

VIX指数

VIX関連銘柄は為替とは違い、基本的に相場の方向が決まっていて高確率で勝てる投資ができます。最初に購入したら後はほったらかしで10年後に20倍になる可能性を秘めた通称「宝くじ銘柄」と呼ばれる銘柄の他、積立て型、スイングトレード型などの運用方法を紹介しています。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む