トライオートFXの説明

【トライオートFX】コアレンジャー豪ドル/NZドルのメリットとデメリット

こんにちは。30代技術系エンジニアでサラリーマンブロガーのchiro(@chiro_y_y)です。

トライオートFXの自動売買ロジック「コアレンジャー」を実装直後から運用し続けています。

コアレンジャー豪ドル/NZドルを1年弱運用した実績は年利回り30と、危な気なくコツコツと利益を積み上げてくれました。

この記事では、これまで半年間コアレンジャー豪ドル/NZドルを運用してきて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

トライオートFXのコアレンジャーが気になっている方は是非参考にしてみてください。

この記事でわかること

1. コアレンジャーのメリット・デメリット

 

【当サイト限定タイアップ】
最大120,000円キャッシュバック中!
\当ブログ限定さらに3,456円キャッシュバック/ トライオートFXの
詳細はこちら
無料で簡単に口座開設できます。

 

下記の記事で新ロジック「コアレンジャー」と「スワッパー」を紹介しています。

トライオートFXの新ロジック「コアレンジャー」と「スワッパー」の正体とは? ・インヴァスト証券が提供する『自動売買セレクト』はご存知ですか? ・自動売買セレクトをご存じならば、最近追加された...

 

コアレンジャーのメリット

損失を抱えにくい安心設計

ほったらかし運用をするならハイリスクな設定は避けたいですよね。

長期間安心してほったらかせる設定であってほしいです。

コアレンジャーは、コアレンジ帯は両建で相場がどちらに動いても利益が出るので、含み損や損失が出にくい設計になっています。

たとえコアレンジ帯をどちらか一方に一気に相場が変動しても、決済益でほぼ含み損を相殺してくれます。

コアレンジ帯では1,000通貨あたり3,000円程度の損しか抱えていません。

コアレンジャーはほったらかし運用に最適なロジックだといえます。

また、サブレンジ帯はコアレンジ帯よりもトラップ幅が広く設定されていますので、逆方向に相場が動いても含み損が膨らみにくいという特徴があります。

コアレンジ帯を抜けてサブレンジ帯に入っても安心してみていられます。

 

利回りが高い

コアレンジャーの豪ドル/NZドルはコンスタントに年利回り約30%です。

これはなかなか良い結果だと判断しています。

設定をアレンジすればもっと高い利回りを求めることもできるかもしれませんが、初期設定でこれだけの利回りがあれば十分で満足のいくレベルではないでしょうか。

 

設定が簡単

これもけっこう大きなメリットだと感じました。

トライオートFXはFX自動売買の最終形といわれるほど細かく設定を追加することができます。

そのためマニュアルで設定をつくろうとすると、初心者の方には設定方法が難解に感じられると思います。

chiroもトライオートFXを使い始めた当初はかなり設定に手間取りました。

コアレンジャーに限らずトライオートFXの自動売買は、自動売買セレクトでロジックを選んでしまえば、あとは資金にあわせて取引通貨量を選択するだけで設定完了です。

トラリピやループイフダンなど他のトラップ系トレードと比べても、トライオートFXの自動売買セレクトは圧倒的に設定が簡単です。

最初の設定でつまずくことがないので、これは大きなメリットだといえます。

 

【当サイト限定タイアップ】
最大120,000円キャッシュバック中!
\当ブログ限定さらに3,456円キャッシュバック/ トライオートFXの
詳細はこちら
無料で簡単に口座開設できます。

 

コアレンジャー豪ドル/NZドルのデメリット

豪ドル/NZドルのスプレッドが広い

手数料関係は利益に直結します。

トライオートFXの豪ドル/NZドルのスプレッドは5.8pipsで、1NZドル75円として計算すると、1,000通貨で43.5円にもなります。

これに取扱手数料が往復で約40円かかるので、1,000通貨あたり取引コストが83.5円かかっています。

トライオートFX米ドル円の取引コスト43円と比較すると、これはちょっと高いと言わざるを得ません。


(インヴァスト証券公式HPより引用)

 

豪ドル/NZドルは取扱業者が少ない通貨ペアなのであまり競争がなく、今現在は最狭スプレッドの業者でも2.8pipsですので仕方ないのかもしれませんが・・・

米ドル円のスプレッド0.3銭などと比べると、どうしても広く感じてしまします。

こればっかりは個人投資家がどう頑張っても仕方がないところではありますが、コアレンジャーで豪ドル/NZドルの取引通貨量が増えればスプレッドの改善があるかもしれません。

今後の改善に期待したいと思います。

トラップ幅が広い

これは安心設定というメリットにもつながるのですが、トラップ幅が広く約定や決済が少ない印象がありました。

トライオートFXは決済されやすいことが好きな理由のひとつなので、日々小銭を稼いでくれている感が欲しいchiroとしては少し物足りないなと感じました。

やはり実績を確認する楽しさがあった方がモチベーションになりますよね。

こちらは設定のアレンジでいくらでも改善できそうなので、今後は設定変更を検討するつもりです。

以下の記事で、コアレンジャー豪ドル/NZドルの詳しい初期設定について解説しています。

【トライオートFX】コアレンジャー豪ドル/NZドルの初期設定を解説  「トライオートFXのコアレンジャーってロジックが人気みたいだから自分も運用してみたい。しかも選ぶだけで簡単に運用を開始できるっ...

 

最後に

コアレンジャーを1か月間運用した結果みえてきたメリットとデメリットをご紹介しました。

コアレンジャーは簡単に設定でき、損失を抱えにくい安心設定でありながら高い利回りを期待できるロジックであることがわかりました。

総合的に判断すると、コアレンジャー豪ドル/NZドルはデメリットを補って余りあるメリットがあると考えています。

設定のアレンジについては今後検討して、設定とともに成績も報告したいと思いますのでご期待ください。

トライオートFXのコアレンジャーが気になっている方は参考にしてみてください。

 

この記事でご紹介したデメリットを克服する方法は以下の記事で解説しています。

【トライオートFX】コアレンジャーのデメリットを軽減するたった1つの方法!初期設定よりも高利回りのアレンジ設定を公開トライオートFXで人気の「コアレンジャー豪ドル/NZドル」のデメリットを克服する方法をご紹介します。この記事で紹介する方法を取り入れると、利回りが約35%から約60%まで上がりました。ぜひご覧ください。...

ではまた、chiroでした。

 

【当サイト限定タイアップ】
最大120,000円キャッシュバック中!
\当ブログ限定さらに3,456円キャッシュバック/ トライオートFXの
詳細はこちら
無料で簡単に口座開設できます。

 

トライオートFXのサイトマップ

トライオートFXの運用実績

1. 全通貨ペアの運用実績

2. 利回りランキング

運用通貨ペアの選び方

1. 運用資金別おすすめ通貨ペア

トラップ系トレード

毎日コツコツ利益を積み重ねるトラップ系トレードで資産運用してみませんか?長期で運用するなら、メンテナンスがしやすいトライオートFXがおすすめです。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む