くりっく株365の説明

くりっく株365が上場廃止 | FTSE100長期保有への影響は?

 「くりっく株365の銘柄全部が上場廃止して商品入替になるらしいけど、どんな影響があるんだろう?今持ってるポジションはどうなるの?ぜんぜんわからん・・・誰か教えて!

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

こんにちは、1,200万円以上の資産を運用している、30代技術系エンジニアのchiro(@chiro_y_y)です。

 

「2021年3月にくりっく株365で今現在取り扱っている商品を廃止して、それに先駆けて2020年9月に新たな商品が登場する」という内容の発表がでました。

実際に影響がでるのはまだ先ですが、これまでFTSE100の長期運用をしてきたchiroにとって、この商品入れ替えはかなり大きな影響があります。

この記事では発表の重要な部分だけを簡単に解説していきます。

 

今後の対応としては、chiroはくりっく株365から撤退しようと考えています。

chiroの運用を参考にして下さっている方もいるので非常に心苦しいのですが、これまでとほぼ同じ運用ができる引越先を以下の記事で紹介していますので、どうぞご容赦ください。

chiroは早めにこちらに引越ししようと計画しています。

GMOクリック証券で「イギリス100」長期保有 | くりっく株365「FTSE100」の代わりに配当狙い運用はできるのか?GMOクリック証券CFD「イギリス100」が気になる、もしくは、くりっく株365「FTSE100」の代わりの運用先を探しているあなたに。 この記事では、GMOクリック証券CFD「イギリス100」を配当狙いで長期保有するメリットをご紹介します。これを読めばきっと配当生活が身近に感じられるはず。 ぜひご覧ください。...

 

この記事でわかること
  • 入替商品の特徴
  • FTSE100の運用への影響
  • chiroの対応

これまで運用していたくりっく株365の記事はこちらです。

くりっく株365の商品入替の概要

こちらは、くりっく株365の取引会社である岡三オンライン証券からの公式発表です。

(中略)

このため、東京金融取引所では市場の安定化と更なる拡大を図るため、対象株価指数との結びつきを強化する抜本的な対策が必要であると考え、現在上場されている4指数を対象に、決済期限を無期限ではなく、1年に1度だけ対象株価指数でリセット(最終決済)する新商品を2020年9月頃(予定)を目途に上場し、その後、現行の商品については、2021年3月を目処に上場廃止とすることといたしました。

新商品は、1年に1度リセット(最終決済)すること以外は現行の商品と何ら変わりなく、リセット日までの期間(最長で1年強)であれば建玉を保有し続けることができます。また、配当、金利相当額があること、ほぼ24時間、日本の祝日も取引ができることなどの商品特性は変更されない予定です。
このたびの新商品上場により、対象株価指数との価格差が縮小することに加え、スプレッドのタイト化、マーケットメーカーの増加等による流動性の向上などが見込まれております。

お客さまにおかれましては、現行商品が2021年3月(予定)に上場廃止されることにご留意いただき、お取引を行っていただきますよう、お願い申し上げます。

詳細な新商品の内容や日程等につきましては、東京金融取引所からの発表があり次第、あらためてご案内させていただきます。

「【重要】くりっく株365における新商品上場と現行商品の上場廃止について」より引用

 

つまり、「決済期限がない今の商品をなくして、決済期限付きの新商品を作る」ということです。

 

商品名はこれまでの名称の頭に「リセット日付き」が付きます。

また、決済期限が付く以外はこれまでと同じ条件の商品になるようです。

現行商品は2021年3月に廃止され、それに先駆けて2020年9月に新商品が上場する予定です。

FTSE100を長期保有する運用への影響

これまでchiroはくりっく株365のFTSE100を長期保有して配当を受け取る運用をしてきました。

結論からいうと、新商品では同じ運用はできません。

配当金を資金にして積み立てる運用方法なので、決済されてしまうと複利が効きません。

決済期限があるんだから当然ですよね。

 

2021年3月までは配当を受け取りつづけることができますが、このまま何もしなければ廃止と同時に決済されてしまいます。

chiroと同じ運用をされている方は今後どうするか検討する必要があります。

今後の対応。続けるか?それとも・・・

冒頭にも書きましたが、今後chiroはこれまでと同じ運用ができるGMOクリック証券CFDで運用しようと思っています。

GMOクリック証券CFDでは「イギリス100」という銘柄で長期保有できます。

しかもイギリス100はFTSE100よりも少額から投資できて、配当率も高いということが分かりました。

知っていればもとからこちらで取引していたと思います。

 

以下の記事で「イギリス100」の運用を解説しています。

GMOクリック証券で「イギリス100」長期保有 | くりっく株365「FTSE100」の代わりに配当狙い運用はできるのか?GMOクリック証券CFD「イギリス100」が気になる、もしくは、くりっく株365「FTSE100」の代わりの運用先を探しているあなたに。 この記事では、GMOクリック証券CFD「イギリス100」を配当狙いで長期保有するメリットをご紹介します。これを読めばきっと配当生活が身近に感じられるはず。 ぜひご覧ください。...

 

「イギリス100」はGMOクリック証券CFD口座で運用できます。

\5分で簡単に無料で口座開設できます/ GMOクリック証券CFD
の詳細はこちら
取引手数料無料!

最後に

くりっく株365の上場廃止の影響を解説しました。

chiro自身はくりっく株365から撤退します。

期待していた投資先だっただけに残念ですが、今後はGMOクリック証券CFDで配当狙いの運用をしていきます。

運用を開始したらこのブログで実績を報告していきますので、まだご覧いただけると嬉しいです。

ではまた。chiroでした。

 

FTSE100からの引越し先としてイギリス100が期待できます。

以下の記事でイギリス100の積立シミュレーションの結果を紹介しています。

ぜひご覧ください。

【イギリス100】月3万円を10年積立すると元手が2倍に!?シミュレーション結果ありイギリス100が気になるあなたに。この記事では商品の特徴とおすすめ運用方法を解説しています。この記事を読めばイギリス100を運用したくなること間違いなしです。ぜひご覧ください。...
くりっく株365

毎週配当がもらえる株価指数CFDのFTSE100で配当生活を目指しませんか?高利回りで運用する方法を公開しています。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む