トライオートFX

トライオートFXのビルダー機能のカスタム設定について | マルチカスタムとシングルカスタムを設定する方法

 「トライオートFのビルダーって、どうやって設定したらいいんだろう?マルチカスタムとシングルカスタムってのがあるみたいなんだけど、どう違うのかな?ぜんぜんわからん・・・誰か教えてー!

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

こんにちは。1,200万円以上の資産を運用している、30代技術系エンジニアのchiro(@chiro_y_y)です。

 

この記事では、トライオートFXのビルダー機能の設定方法について説明します。

ビルダーの設定方法はとても簡単です。

何だか難しそうなFX自動売買のイメージが吹っ飛んでしまうので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

今なら当サイト限定のタイアップキャンペーン中でお得に口座開設できます。

このチャンスにトライオートFXを使った資産運用の第一歩を踏み出してください。

 

【当サイト限定タイアップ】
最大50,000円キャッシュバック中!
\当ブログ限定さらに3,000円キャッシュバック/ トライオートFXの
詳細はこちら
無料で口座開設できます!

トライオートFXのビルダー機能のカスタム設定は2種類!

インヴァスト証券のトライオートFXは、仕事をしている時も寝ている時も稼働してくれる自動売買ツールです。

複数のプログラムから選ぶだけで良い自動売買セレクトが人気ですが、自分でカスタムして資産を運用することもできます。

トライオートFXのビルダー機能のカスタム設定は、次の2種類から選択可能です。

【ビルダー機能の種類】

・自動売買注文を1本ずつ作成できるシングルカスタム
・複数の自動売買注文を一度に作成できるマルチカスタム

パソコンでもスマホアプリでもカスタム設定はできますので、トライオートFXのビルダー機能はとても便利なのではないでしょうか。

トライオートFXのビルダー機能のマルチカスタムを作る方法

トライオートFXのビルダー機能は、投資の初心者にも経験者にもおすすめできる自動売買です。

シングルカスタムとマルチカスタムの2種類から選べますが、後者の方が時間をかけずに作成できます。

このページでは、トライオートFXのビルダー機能のマルチカスタムを作る方法についてまとめてみました。

設定画面まで進む

まず最初に、トライオートFXのビルダー機能のマルチカスタムで自動売買を作成するには、下記の手順で設定画面まで進みます。

【マルチカスタム設定の流れ】

①投資対象から「FXで作る(トライオートFX)」を選択する
②自動売買タイプの中からマルチカスタムを選ぶ
③自分が取引したい通貨ペアを選択する

米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/円(EUR/JPY)などの運用したい通貨ペアを選んだ後に、マルチカスタムの設定が始まる仕組みですね。

各種設定を行う

マルチカスタムの設定画面に進んだ後は、自動売買を行うためのシステムを設定していきます。

トライオートFXのビルダー機能のマルチカスタムは、コアレンジャーを自分なりにアレンジしたり独自のリピート系注文を作成したりできます。

以下では、マルチカスタムでどのような項目の設定を行えば良いのか解説していきます。

 

設定項目 内容
売買 作成する注文の売買で、FXは売りと買いの両方を指定できる
(両方の自動売買を稼働させると設定によっては両建てになる)
レンジ幅 複数の注文を設置する範囲の指定で、チャートを見ながら値動きの範囲を予想する
本数 レンジ幅の中に設置する自動売買注文数で、トータルで100本まで一度に作成できる
数量 1注文当たりの取引数量
1,000の場合は1,000通貨になる
スタート価格 スタート価格の変更でレンジ帯を上下に移動させられる
価格指定と
前日終値
価格指定は指定した価格を基準とする各自動売買注文のエントリー価格、前日終値は注文を発注する際の数値を基準にした各自動売買注文のエントリー価格
OCO 2つを同時に注文し、一つの注文が約定されるともう一方はキャンセルされる注文方法
利確幅 各自動売買注文の利益確定幅で、初期値を高くすると1回の利益獲得が大きくなる代わりに、細かい値動きに反応できなくなる
損切り 含み損が生じている時に見切り売りして損失額を確定することで、設定したくない時はチェックを外す
フォロー値 決済価格からいくら上がったら再注文するかの数値
カウンター値 決済価格からいくら下がったら再注文するかの数値
カウンター固定 チェックを入れるとカウンタ―価格が常に価格で固定される

 

全ての設定を入力した後に、「追加する」のボタンをクリックすると今の自動売買の設定を保存できます。

追加した後にもう一度異なる設定を入力し、追加するのもOKです。

「買い」「売り」「レンジ幅」が異なる設定をわけて追加してマルチカスタムをすれば、自分でコアレンジャーのような自動売買のロジックを作り出せるでしょう。

自動売買設定のシミュレーションをしてみる

トライオートFXのビルダー機能では、自分で作った自動売買設定のシミュレーションができます。

マルチカスタムで設定した自動売買のシミュレーションを行い、納得できれば「カートに入れる」のボタンを押しましょう。

この時点ではまだFXの注文は確定されていません。

自動売買の稼働ボタンをクリックすると、マルチカスタムの設定で取引が稼働する仕組みです。

ビルダー機能のシミュレーションでは、「実現損益」「評価損益」「2つの総合損益」がチャート上に表示されます。

青いラインが右肩上がりになっているほど良い設定で、大きく下がる局面が見受けられる場合はドローダウンが大きい(リスクが大きい)と判断できるのです。

「ハイリスクハイリターンで危険かも…」と思った時は、カスタム設定の変更や修正を行ってください。

トライオートFXのビルダー機能のシングルカスタムを作る方法

トライオートFXのビルダー機能のシングルカスタムを作る方法は、下記のようにマルチカスタムと基本的な流れは一緒です。

【シングルカスタム設定の流れ】

①投資対象からトライオートFXを選択し、自動売買タイプでシングルカスタムを選ぶ
②取引したい通貨ペアを選択し、売買やレンジ幅、本数や数量などの設定を行う
③自分で作成した自動売買のカスタムをシミュレーションにかけてみる
④問題なければカートの中に入れて、「注文を確定する」のボタンをクリックして発注する

シングルカスタムは自動売買注文を1つずつ作成する形になりますので、マルチカスタムと比べてみると少し時間がかかります。

カスタム設定はFX経験者も満足できるシステムで、自分の工夫次第で完全オリジナルな自動売買を作れるのが大きなメリットです!

利食い後の再エントリー価格の調整もできますので、1本の注文でトレンドフォローも可能です。

今までと違う注文ができるようになったわけではないものの、使い勝手は向上していますので、経験者の方はトライオートFXのビルダー機能のシングルカスタムを活用してみてください。

まとめ

トライオートFXのビルダー機能のカスタム設定について説明しました。

マルチカスタムは複数の自動売買注文を一度に作成できますので、時間をかけずにコアレンジャーを自分風にアレンジしたい人にもおすすめです。

一方でシングルカスタムは自動売買注文を1本ずつ作成可能で、工夫すれば完全オリジナルの自動売買ツールを作成できます。

どちらもインヴァスト証券のトライオートFXの口座を開設するだけでビルダー機能を使えますので、是非一度試してみてください。

 

【当サイト限定タイアップ】
最大50,000円キャッシュバック中!
\当ブログ限定さらに3,000円キャッシュバック/ トライオートFXの
詳細はこちら
無料で口座開設できます!

トラップ系トレード

毎日コツコツ利益を積み重ねるトラップ系トレードで資産運用してみませんか?長期で運用するなら、メンテナンスがしやすいトライオートFXがおすすめです。

詳しくは以下の記事をお読みください。

記事を読む